ta1ryのサッカー観戦記

大学生になりパソコンを買ったぼくが、個人的な記録として観戦したサッカーの試合について簡単に綴るブログです。時には遠征記的に、時には懐古的に、時には半実況的に。国内ではマリノス、海外ではシティとかミランを応援してます。

1993.05.15/Jリーグ開幕戦/ヴェルディ川崎vs横浜マリノス/1-2

BS1の放送から。あの歴史に残るJリーグ開幕戦です。先発の選手は超満員の中で試合をやれることに感動しアップの際から目頭を熱くする選手が多く、選手入場の際に泣いてた選手もいたらしい。

f:id:ta1ry:20200501235832p:plain

f:id:ta1ry:20200501235751p:plain

懐かしのメンバー。今では監督や実況として活躍されてる方が多いですね。当時はスタメンが1から11番を、控え選手が12番から16番をつけるシステムでした。しかもサブの人数が5人で交代カードもなんと2枚。ヴェルディの監督は松木安太郎。若い。

記念すべき最初のシュートはラモス瑠偉です、FKでした。一方のマリノスの初シュートは野田でした、だいぶ遠い距離からのミドルシュート。ちなみにイエローカード第一号は都並。

序盤から攻勢はヴェルディ。松永、井原を中心としてどうにか守ります。ヴェルディコーナーキックが多い印象。そして先制点はそのヴェルディ。20分にマイヤーが左サイドから強烈なミドルシュートを突き刺して先制。その後マリノスがいくつか好機を作りますが全体的にはヴェルディの方が決定機を多く作っていますが松永の好セーブなどもありこの後は無失点で試合を進めます。

いい意味でも悪い意味でも何かと目立つエバートンヴェルディはマイヤーが躍動。終盤ではラモス瑠偉が存在感を発揮。マリノスは司令塔の木村や水沼が好プレー。

後半開始と同時にヴェルディは武田に代えて北澤を投入。今と変わらないヘアスタイル。

48分。マリノスが同点に追いつきます。左サイドで持ったエバートン。プレッシャーが来なかったのでふわりと蹴ったボールがそのままゴールに入りました。クロスなのかシュートなのか。

59分にはディアスが得点を挙げて逆転!いぇい!

79分に交代した加藤はこの交代に納得いかず、結局ヴェルディではこの1試合の出場にとどまり、エスパルスに移籍します。従来のブラジル式に変わりオランダ式を導入しようとした松木監督がハンセンを優先して起用して出場機会が激減し、またラモス瑠偉などとの内紛もあったみたいです。

その後は1点を追いかけるヴェルディが猛攻をしかけますが守るマリノス、さすが”堅守”のマリノス。このまま試合を終えて2-1でマリノス勝利!

ちなみに読売-日産時代から直近で日産の16試合負けなし(12勝4分)で迎えたこの試合、マリノスが勝ったことで無敗記録を17に伸ばしました。ちなみにこの記録は19まで伸びます。

 ハイライトを最後に貼っておきます。